2006年7月30日

blog と アフェリエイトの本

ブログと商売の関係について述べた本を何冊か読んでいる。
大抵はアフェリエイトなのだが、それ以外にも intramart での情報共有を blog でやるとか、結構パターンがあって面白い。

とりあえずここまでの感想だと、どの本も中途半端という事が言える。

blog を商売に使う上での話をするなら、技術情報は参考文献(つーか URLつーか)を載せる程度に留めるべきで、cssの書き方とか JavaScript の例とかは不要だろう…。
逆に技術情報を載せたいなら、もっとちゃんと載せるべきで、ある特定の blog サイトを利用した場合にしか使えないTips を延々載せられても…。


ようするに、どちらか一方だけで議論するために必要なバックボーン知識が著者にない、と言うことだろう。まじめに商売と blog の話をするならHarvard Business Reviewの孫引きレベルの情報量は必要なわけで(孫引きしろと言う意味ではなく、それぐらいの検証結果とかがいるという意味ね)それはそれで書きづらい。

技術の本はオライリに負けるだろうし。


今までに読んだ個々の本の特徴を挙げるとこんな感じになる:













アフェリエイト概論みたいな本。blog とかそういう技術系は
SeeSaa というところに関しての説明のみ。
どちらかというと、会計・税金とかそっち方面が
荒いながらも説明してある、という点を評価したい。

1日以上かけるような本ではないが、読んでみる価値はある。



今度はまた、別の方向に偏っている。
Look & Feel の技術論に近い…しかも特定のサイト向け。
ただし、blog の相互増殖性についての説明とか、色々参考にはなる。