2007年5月19日

Amazon であまり本を買わない理由

私のページは、あちこちに Amazon の広告が張ってある。しかも、私は山のように本を読むし、本を買う。なのに、実はその大半は Amazon では購入していない。

実は、私は金券ショップなどで図書券や図書カードを買って、それで本を買っている。3%-5%程度のものだが、これであれば和書も大抵割安で買える。日本では再販制度があるため、Amazon と言えども本の価格自体を下げることはできない。だからといって Amazon ポイントを山のように稼げるわけでもなく(だって、先月の Amazon の収入は 42点だぜ? これで 3% 割引になるって事は購入総額が 1400円以内でなくてはいけない…)。

洋書の購入にはAmazonを良く使う。洋書は再販制度の縛りが無いので割引セールがあるし、普通の書店で入手はほとんど不可能。専門店では定価の上に1ドル200円近い金額を請求される、というおまけがつくからだ。


一応、本の紹介のページには Amazon の個別商品へのリンク等がおいてあるが、これは利便性のため。どういう本なのか本の表紙を表示したかったのと、他の人はどういう感想を持っているのかなどの情報へのアクセスをよくするために過ぎない。


まぁ、そういうスタンスを貫いているから、Amazonでの売り上げが全然伸びないんですけどね (^^;)。