2007年1月24日

OSDLとFSGが合体して The Linux Foundation に

元情報はここ

「メンバーの多くが重複する」のは「会社レベル」と言うよりは「人」レベルで重複しているんで、そういう意味では参加している人は楽になったのではないかと。

まぁ、それはいいのだが、この過程でOSDLに勤めていた日本人とか、かなりの数がいなくなってしまった。結果、日本の企業のように『金は出すけど、人は出さない、文句は言うけど、提案は無い』人たちをカバーしてくれる人が0になってしまった。

# ちなみに私は「自分の分しか提案しない」ので、こういう人たちの代弁はしない。

日本の企業は、ますます「内側に篭った」文句の言い方をするようになるだろう。そして、それは非日本語圏からは見えなくなるので、どんどん乖離が進んで…さて、どうなるんだろうなぁ。

私? 私はもうそろそろ足を洗うので知ったことではない。